« 妻を帽子とまちがえた男 | トップページ | キリスト教講義 »

秋吉台カルストTRAILRUN 2019

 トレイルランニングの大会に参加するのは6回目である。

 これまでに参加した大会は、森林セラピートレイルランニング in のつはる(44㎞)、カントリーレース/八幡山岳会(24㎞)、修験道トレイル in 上毛町(31㎞)、そして去年のこの大会(40㎞)。

 トレイルランニングの良さは、自然の中を走る(歩く)ことに尽きると思う。舗装された道を走るのでなく、土の上を走る、身体全体を使って岩場を登る、渓流(小川)を遡行する、不意に美しい風景に出会う…しかしそれならば、普通の山歩きでもいいのかもしれない、とも思う。でも、声を交わしながら走るのも、また楽しい。

 7時半より、大会での注意事項(マナー、走り方のコツ、ロストしない為に、など)、ゲストランナーの紹介、柔軟体操があり、陽気なDJのアナウンスとともに、8時半にスタート。

 後方からスタートしたが、練習をあまりしていなかったせいか、10㎞くらいで「脚にきている」感じが強くなり、20㎞辺りでふくらはぎが攣りそうになる。そこからあまり走れない。それで、ストレッチを兼ねて、急な上りではできるだけ歩幅を広げるように歩いた。たぶんそれがよかったのだろう、なんとか脚が持ちこたえる。それでも走ることができない。走ると攣ってしまう。27㎞からの舗装道の緩やかな下りでも走れない。光を孕んだ芒がたなびく風景は美しいのだが。

 それでも、30㎞辺りの下りのトレイルから走ることができるようになった。土のランダムな起伏が脚全体を癒してくれたのかもしれない。そこからの上りも走り続ける。37㎞手前のつづら折りの上りではストレッチ歩き、頂上を越え、下りはゆっくり歩き、ようやくゴール。

 今回得たのは、上りでの大股歩きの効果と、トレイルが脚にやさしいことへの気づきだった。次回に生かそう。

Imgp0013

« 妻を帽子とまちがえた男 | トップページ | キリスト教講義 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 妻を帽子とまちがえた男 | トップページ | キリスト教講義 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ