« 私たちの星で | トップページ | 地に呪われたる者 Les Damnés de la Terre »

人の意思を超えるから人である

 モネはモネの意思を超えた時にモネになった。

 「一粒の麦が地に落ちて、死ななければそのままだが、死ねば多くの実をもたらすだろう」

 生まれかわり、あるいは受肉。

 恩寵、とは言えないだろうか?

 「私」が死ぬこと。

 (それが、生きること)

 そのために、私は問う。

 (星辰の明かりをよすがとして)

 「他者」との対話において、私はどこでもない場所に降り立つ。

 みちびかれ、「他者」の問いにとりこまれる。

 そこで感じられるのは、生でも愛でもなく、なにものかの意思。

 うごめくもの、わかたれざるもの。

« 私たちの星で | トップページ | 地に呪われたる者 Les Damnés de la Terre »

思考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人の意思を超えるから人である:

« 私たちの星で | トップページ | 地に呪われたる者 Les Damnés de la Terre »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ