« 人間ではないものの意思に生きる | トップページ

私ではないものの海に

 夢にかいま見える意思の根元より

 うかび上がる花びらの白は

 何に混じることもなくかつえている

 それは動きの中心にあるもの

 この世の そしてこの世ではないものの

 

 創り出したものに似ているか

 そのものか

 添うものが生き

 添わないものは自らそれとなり

 ありとある姿をまとう

 

 谷に流れたかと思えば宙に舞い

 果てにあり

 呼び交わす

 歌うように 軋むように

 

 夢はある日形姿となり

 意思たらんと虚空に入る

 くりかえし

 くりかえし 

 一つの実を結ばんがために

Imgp0005

(山頂のみずうみ)

« 人間ではないものの意思に生きる | トップページ

詩を書く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/58728052

この記事へのトラックバック一覧です: 私ではないものの海に:

« 人間ではないものの意思に生きる | トップページ