« ぼくと魔法の言葉たち | トップページ | 私ではないものの海に »

人間ではないものの意思に生きる

 AI、ロボットの進化、宇宙開拓…。人間は、人間の意思を超える何かを欲している。

 それとの親和を求めている。

 個のレベルで言えば、私が私でないと感じられる地点を、私は求めている。あるいは、私がそこにあるとき、私は生きていると言える。

 「私」だけではなく、「人間」でも同じことが言える。

 人間は、人間の意思を超えた何かに触れているとき、生きている。

 何かとは、未知なるものである。絶対他者である。

 それは生命の根源である。

 触れている、そのことを大切にすべきである。

 「我を忘れる」とよく人は言う。私以外のすべてと一体になっている状態である。そのすべてを大切にしている時間のことである。

 高山辰雄が「アミーバーの心」と言い、清宮質文が「オバケ」と言ったものである。

 対象によりそうときも、対象を超えた何かに触れようとしている。対象といっしょに考える、対象の可能性を感じとろうとする、対象を動かそうとしている力の方へ私をシフトする、促されようとして傍にいる。

 そのために人は生きている。

Imgp0007

(あれは何山?)

 

« ぼくと魔法の言葉たち | トップページ | 私ではないものの海に »

思考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/72351328

この記事へのトラックバック一覧です: 人間ではないものの意思に生きる:

« ぼくと魔法の言葉たち | トップページ | 私ではないものの海に »