« 痛みや苦しさの乗り越え方を心身に刻み込んでいく | トップページ | 第30回別府湯けむり健康マラソン大会 »

論理とは何か

 論理とは、事象をその事象たらしめている形式である。

 例えば、蜂には蜂の思考(=生き方)があり、その方式(生き方)を蜂の論理と呼ぶ。

 昆虫学者は昆虫の論理を知ろうとして生きている。新しいそれを発見することが、その人の生きがいと言えよう。

 そのように存在する、存在のしかた。

 人はそれを捕捉しようとしてなし得ず、あるいはなし得ないからこそ、生をそのためにささげる。

 靴職人は靴の論理をどこまでも追究する。ある瞬間に、靴の側からの語りかけを聞くだろう。

 語りかけを聞きながら生きる(聞くことが生きることである)。

 論理とは存在のしかたである。

 存在のしかたは、存在しない側の論理にも規定されるだろう(生とは死である)。

 存在しない側の論理は、存在を促す。闇のように強く。

 深淵への親近感はそこから来るのかもしれない。

Imgp0114

(海辺の朝)

« 痛みや苦しさの乗り越え方を心身に刻み込んでいく | トップページ | 第30回別府湯けむり健康マラソン大会 »

思考」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/71584080

この記事へのトラックバック一覧です: 論理とは何か:

« 痛みや苦しさの乗り越え方を心身に刻み込んでいく | トップページ | 第30回別府湯けむり健康マラソン大会 »