« Intouchables 最強のふたり | トップページ | 共にあること »

4月16日

 ラジオの声は「断続的に」と伝えていた。実際は途切れているのか? 訝った。午前1時20分頃から20分以上、ずっと揺れ続けているのだ。いつになったら収まるのか? 感覚が麻痺して、収まってほしいという願いも忘れた頃、揺れは止まった。

 昨夜の突き上げるような揺れによって、背丈以上ある食器棚が倒れ、中のガラス食器が粉々になった。昼間のうちに、食器棚を元の位置に戻し、粉々の破片を片付け、下敷きになっていた電子レンジを台所カウンターに置きなおし、割れなかったビン類を床に並べていた。それらはすべて無事だったのだが、停電し、真っ暗な中、揺れだけが間断なく続いた。

 「私はいいから外に出て。何かあったら助けを呼んでほしい」と、自分で身体を動かすことのできない妻は言ったが、彼女1人を残すことはできない。何があっても私はただ妻といっしょに居ようと思った。

 明かりは点くようになったが、何分かおきに揺れが来た。気象庁からの「12時間以内は建物の中にいないように」という警告を、妻のヘルパーからのメールによって知る。それで、マンションを出ることになる。必要最小限の荷物をリュックに詰め、昨夜から閉まらなくなっている玄関ドアを開け、壁のひび割れた通路を通り、階下へ降りようとエレベーター前まで来たが、エレベーターは動いていない。車いすに乗ったまま階段を下りるには人手がいる。それで人を探す。上の階から若い男女が下りてきたが、女の子の力が足りない。できれば男4人必要なのだがと思い、地上に降りて人を探す。偶然やってきたタクシーを捕まえ、運転手1人を加えて、妻を車いすごと階下に降ろす。階段の幅が狭く、困難な作業であったが、無事に地上に下りることができた。

 それから避難所に向かう。投票の際に行ったことのある小学校まで、歩いて20分位かかる。ブロック塀が崩れている家が何軒かある。道々の駐車場の車内に避難している人も多い。すれ違う人々と声を交わす。「こんばんは」「おはようございます」「ごくろうさまです」とりあえず行こう、それからのことはそこで考えよう。

 たどり着いた体育館は人でいっぱいだった。かろうじて、少し空いていたトイレ前のスペースに身を落ち着け、受付で名前と住所を記入する。寒いので、身を覆うビニールの緩衝材(プチプチ)を分けてもらう。揺れが起こるたびに、あちらこちらから悲鳴が上がり、携帯の警報が体育館中に鳴り響く。体育用マットに座ってらっしゃる奥さんが、場所を少し譲ってくださる。少し安心する。

 夜が明ける。しばらくして朝食の配給があり、長い列に並んで、紙コップに入った五目御飯をいただく。断水状態で、トイレ用に流す水はプールから引いてある甕からバケツに汲んでおくことになっている。体育館内はさらに人が増えていて、障害者が居られる場所ではない、と感じられた。こんな場所でおむつ交換はできない。

 午前、妻は知り合いからメールで福祉避難所へ行くことを勧められ、市の職員に問い合わせる。返答の内容は、福祉避難所を探してくれるということ、そこまでは自力で行くことになるということ、そしてそこに避難できるのは妻だけということだった。

 探してもらうまで待つしかない。校内を見てまわる。福祉避難所が見つからなかった場合のことを考え、人が少なく横になれる場所を探す。校舎の廊下の端に、理科室の大きな机が運び出されてあり、ベッドとして利用できないかと考える。しかしそれは段ボール等を敷いても硬すぎる。

 体育館入り口近くには犬が3匹繋がれていて、おとなしくしている。花壇にはパンジー等いろんな花がきれいに咲いている。空は晴れ、さわやかな風が吹いているが、夕方には雨になるらしい。

 午後4時半、理科机の横で夕食をいただいているとき、市の福祉課より療育センターを紹介される。条件として、部屋とベッドのみの提供で(私もいっしょに居ることができる)、食事等は自分で調達してくださいとのこと。そちらへ直接電話し、6時頃行くことを伝える。

 自宅マンションまで車を取りに行き、必要物品を積み、避難所へ。妻を乗せ、療育センターへ向かう。ようやく安心できる場所にたどりつくことができたが、これからどうするか。余震は収まる様子がない。市の福祉課と療育センターに感謝。とりあえず休もう。

 

                          (4月16日午前1時半から午後6時までの記録)

« Intouchables 最強のふたり | トップページ | 共にあること »

日常」カテゴリの記事

コメント

塚田様

読ませていただきました。
新聞、テレビではわからない過酷な現実が伝わってきました。
その大変さを想像すると、涙が出そうでした。
慰める言葉もみつかりません。
よく頑張りましたね。本当にお疲れ様です。
まだまだ厳しい状況が続くことでしょう。
お二人で力を合わせて乗り越えて下さい。
何もお手伝いできませんが、
早く「日常」の日々に戻りますように!

竹内様

お気遣いありがとうございます。
この後福岡県の親類宅に避難し、熊本市に罹災証明を出していただき、新しい生活を始めました。
まだ生活は安定しませんが、今を、人を、大切にしていきたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/65553933

この記事へのトラックバック一覧です: 4月16日:

« Intouchables 最強のふたり | トップページ | 共にあること »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ