« ほんとうの自分 | トップページ | 4月16日 »

Intouchables 最強のふたり

 Intouchables(2011). Éric Toledano & Olivier Nakache

 2013年6月、太平洋上の機内で観た。

 触れうるはずのない(intouchable)異質なふたりが出合う、それはよろこびだということ。

 その出合いは普遍である。

 ドリスがフィリップの介護人として勘がいいのは、心の繊細さによる。表面的には粗野で乱暴だが、その心には母親から受け継いだ愛情、貧民街で育った中で身に付けた他者への気遣いが醸成されていた。

 身障者のフィリップはそれを一目で見とめた。

 そしてしだいに友情が育まれてゆく。その過程が美しい。

 この出合いを私たちはいつも求めている。ときに意想外であり、しかしつねに準備している人には必然でもあるような出合いを。

 この出合いのために、私たちの生はあるのかもしれない。あるいは日々の気づきこそがその出合いなのかもしれない。

https://www.youtube.com/watch?v=IfHOM7dPzZA

009_3
(2015.12.19 別府の朝)

« ほんとうの自分 | トップページ | 4月16日 »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

塚田さま
長い長い余震の日々ですが、大丈夫でしょうか?
お疲れ様です。
熊本・大分とお互いさまのような感じですが、
何しろ早く終息してほしいですね。
別府の方は、亀川とか鉄輪など地域によって
だいぶ被害があるようです。
公民館が避難所になっていましたが、
29日の金曜日に終了したと新聞に出ていました。
幸い南立石地区に住む私の方は被害がありませんでした。
熊本の方は、余震の回数も多いし、
困難なこともいろいろあるのではないかと思います。
大変でしょうが、頑張って乗り越えて下さい。

竹内さま
お気遣いありがとうございます。
暮らしていたマンションには住めないと判断し、5月10日(火)より大分県に戻り、新しい生活を始めました。
昨日も茨城で地震があり、しばらくは続きそうですね。
いまここの生活を、一瞬一瞬を大切にしていきたいと、改めて思う日々です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/63730176

この記事へのトラックバック一覧です: Intouchables 最強のふたり:

« ほんとうの自分 | トップページ | 4月16日 »