« どこでもない場所の梯子 | トップページ | プレゼント SEKAI NO OWARI »

デート~恋とはどんなものかしら~第6話

 〈お父さんに教えてあげる。量子力学によると、万物はすべて粒子によってできているのよ。つまり、死とはその人を形作っていた粒子が気体という姿に変形することにすぎないの。お母さんの粒子は存在し続けるわ。お母さんは、ここやそこに居続ける〉 by 藪下依子

 スタインベック『怒りの葡萄』のトム・ジョードの言葉に似ている。

 〈そうなりゃァ、そんなこたァなんでもなくなるのさ。そうなりゃァ、おれァ暗やみのなかのどこ にでもいることになるのさ。おれァいたるところにいることになるんだ――おっかあが見るどんなところにでもな。飢えた人間がめしが食えるようにって喧嘩が起るところにゃァ、どこにでもおれはいるんだ。おまわりのやろうが人をぶったたいているところにゃァ、どこにでもおれァちゃんといるんだよ。もしケイシーのいうことがほんとなら、なァに、おれァ、人間がはらをたててわめいているそのわめき声のなかにいるし、それから――ひもじい思いをしたがきどもが、晩飯のできたことを知って笑っているその笑い声のなかにもいるのさ。それからまた、うちのもんが、自分で作りだしたものを食って、自分で建てた家に住むようになったときにゃァ――なァに、おれもそこにいるんだぜ。わかったかい?〉 岩波文庫より

 死んでも存在し続ける。量子力学によっても、よらなくても。

 「ありがとう」という父に、依子は「量子力学を教えただけ」と答える。彼女がつねに見ているのは、それが論理的に正しいかどうかである。そして、論理的に正しいことは、人の感性にうまく届くのだと、おそらく無意識に確信している。「世界平和」とはそういうことである。

2761
(ここやそこに居続ける)

« どこでもない場所の梯子 | トップページ | プレゼント SEKAI NO OWARI »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/59061203

この記事へのトラックバック一覧です: デート~恋とはどんなものかしら~第6話:

« どこでもない場所の梯子 | トップページ | プレゼント SEKAI NO OWARI »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ