« 僕のいた時間 | トップページ | 超本性的 »

死とはなにか

 生を生たらしめているもの。

 生によりそい、生を支えているもの。何かしらあたたかなもの!

 無限とも言える。生命そのもの、と言ってもいい。

 物事の核心、所謂0地点。

 存在の輪郭は消え、生を渇望する気配に満ちた場所。

 言葉の溢れ出す場所、時の止まる瞬間。

 死とはそのようなもの。

055

(冬の光を浴びて/熊本再春荘病院)

 

« 僕のいた時間 | トップページ | 超本性的 »

思考」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/55130493

この記事へのトラックバック一覧です: 死とはなにか:

« 僕のいた時間 | トップページ | 超本性的 »