« 詩を読む会(36) | トップページ | ハツカネズミと人間 »

心をこめて 郡山第五中学校

 先日、Nコン全国大会中学校の部を聞いた。

 印象に残ったのは、郡山第五中学校の演奏。美しいハーモニーでもあるのだけれど、他の学校の演奏と違うのは、優しい歌声であること。

 なぜだろう。

 演奏前の学校紹介のVTRでは、練習のモットーは「誠実に努力し、限界を決めずにがんばること」と説明されていた。誠実に努力する、その通りなのだろう。

 最後に、生徒全員で「心をこめて歌います。どうぞ、お聞きください!」と締めくくっていた。誠実に努力することが、心をこめることに結びついている。イコール、である。

 何度聞いても、飽きるどころか、ますます優しい気持ちを感じるようになる。

 心がこめられているから。

 その努力をすることが、生きること。

 https://www.youtube.com/watch?v=ZF-1qO-Ygcw

010

(ハートをこめて)

 

« 詩を読む会(36) | トップページ | ハツカネズミと人間 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/53753128

この記事へのトラックバック一覧です: 心をこめて 郡山第五中学校:

« 詩を読む会(36) | トップページ | ハツカネズミと人間 »