« 詩を読む会(28) | トップページ | Jane Eyre ジェーン・エア »

詩を読む会(29)

 続けて、十歳の頃の母の記憶を辿って書かれた詩と、母への手紙の形をとった高校生の詩を紹介しよう。

 

  

 

 うす暗いふりしきる雪の道

 喀血した母の薬を

 死なないで死なないでと

 足音立てて叫ぶ十才の日

 

 黒板の文字が

 友の顔が何も見えない

 赤く染まった母の顔が浮かぶ

 家路にたどり着くのが怖い

 

 白い雪と赤い血に染まり乍ら

 吹きすさぶ吹雪に耐え

 いばら道をしのぎ

 命をつなぎ永らえて

 母は生きた

 

 生と死のはざまで

 朝と夕を迎え

 果敢に生きてきた

 母に何といおう

 

 

  わど母っちゃの十七年

 

 昭和六十三年三月十五日

 まんだ新しい命が一つ生まいだ

 生まいですぐ

 ほがの病院さ運ばいだ

 そのどぎはみな

 どごさでもいるわらしだど思ってだ

 あるどぎ母っちゃが異変さ気付いだ

 なへ立だねんだべ

 不安な気持ちど

 わらしどば抱えながら

 病院さ向った

 母っちゃはたげショックだったびょん

 自分のわらしが普通でねぇことに

 そったどごは一つもめへねんで

 笑ってめんどう見でけだ

 小学校さ入学

 近くの小学校さ行がいねはんで

 母っちゃ朝ま四時に起ぎで

 毎日青森の学校さ送ってけだ

 弁当も作ってけだ

 その弁当残せば

 担任の先生さ叱らいだ

 おはようございますの声

 小せって叱らいだ

 おかねくて

 おかねくて

 学校さ行きてぐねって

 ごんぼほった

 したばって

 学校さ行きてぐねぇ本当のわけは

 立つ訓練だった

 何回もおけて

 何回もコブこしらえで

 涙こ流し

 歯くいしばった

 母っちゃはいつも

 頭さすって

 褒めでけだぎゃ

 よぐ頑張ったなって

 そういえば

 恐竜の絵がかけなくて

 夜遅くまでのごさいだこともあったな

 母っちゃあの時も

 なんも叱ねがった

 あんなに夜遅がったのに

 早ぐ家に行ってママくべって

 しゃべた

 中学さなって施設さ入った

 初めで親がら離れでの生活だ

 今まではみな母っちゃさやってもらってだ

 だはんでなもでぎねがった

 布団をたたむことも

 配膳することも

 こったのもでぎねんだがってしゃべらいだ

 バガくせ気持ちと

 家さ帰りて気持ちで

 いっぱいだった

 しぜんと涙っここぼれできた

 あんた赤ちゃんだがってもしゃべらいだ

 バガくせくてバガくせくて

 毎日涙っこ流しながら

 母っちゃさ電話した

 家さ行きてじゃって

 母っちゃは

 後二日だよ

 後一日だよ

 けっぱれって

 励ましてけだ

 そうやって支えられで高校さ入った

 したばって

 なんもやる気ねがった

 授業中はぼげっとしてるし

 ふとの話はなもきいでねし

 寄宿舎さ帰っても

 洗濯はやね

 そうじはやね

 なもやねがった

 先生さしゃべらいれば

 腹立った

 それでもやねがった

 たまに家さ帰ってくれば

 母っちゃさあだる

 さしねじぁこの

 だまってながって

 それでも母っちゃは叱ねがった

 わは自分が

 なさげなぐてなさげなぐて

 本当は違うごとしゃべりてぇのに

 

 母っちゃ

 わ

 東京さ行ぐ

 目標見つけだじゃ

 母っちゃ不安みてだばって

 わは行ぐつもりだ

 これがらも迷惑かげるがもわがねばって

 まずは一区切りつけで感謝する

 母っちゃ今までどうも

 こごまでおがったのも母っちゃのお陰だ

 いつもありがとう

 

 はじめの は凝縮された文に込められた女の子の不安や怖さ、母への思いがよく伝わってくる。いい作品である。わど母っちゃの十七年 は、わが子のことをよくわかっていて、やさしく接してくれた母への感謝が、詩の初めから最後まで漲っている。これも思いがよく伝わってくる作品である。

005

(みんなでハイチーズ)

 

 

« 詩を読む会(28) | トップページ | Jane Eyre ジェーン・エア »

詩を読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/49605825

この記事へのトラックバック一覧です: 詩を読む会(29):

« 詩を読む会(28) | トップページ | Jane Eyre ジェーン・エア »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ