« 詩を読む会(24) | トップページ | 語りきれないこと »

一緒に居ること

 毎日新聞 10月18日 東京朝刊

 女の気持ち:一緒に居ること(千葉県八千代市にお住いの72歳の方) を引用しよう。

          *          *          *

 春の野に若菜を摘みに行くことなく、主人は3月5日、天の国に旅立ちました。落ち込んでいる私に、主人の友人から温かいお手紙が届きました。中に、詩が入っていました。

 「死ぬということは、なんでもないことなのです。私が隣の部屋に移っただけのことなのです。お互いの今までの関係がそのまま続いているのです。今までと同じ名前で呼んで下さい。今までと同じに気楽に話して下さい。ちょっとした冗談にも、いつも笑っていたように面白がって笑って下さい。ほほえんで下さい。私のことを考えて下さい。私のために祈って下さい。私の名前を家族に入れておいて下さい。元と同じように。(中略)私はあなたを待っています。少し離れて、ほんの近くで、ちょっと角を曲がった所で全く大丈夫です。なにも過ぎ去っていませんし、なにも無くなっていないのです。ほんの一瞬が過ぎた後、すべては元のままでしょう。でも良くなっているのです。永遠に今まで以上の楽しさの中で」

 ある神父さまが教えてくれたという詩「一緒に居ること」が同封してありました。

 そうだ、主人はいつも一緒にいるんだ、もう病気のことも、一人で留守させることも心配しなくてもいいんだ。あなたは私の心に、いつも住んでいるんだから。

 この詩が私の気持ちを明るく、やさしくしてくれました。最愛の人を亡くされた人にも少しでも慰みになれたらと願いながら筆を執りました。

          *          *          *

 死ぬということについて、私もそのように実感する。

 いつも一緒に居る。

 以前となんら変わることがない。

 応答さえしてくれる。

 私たちはいつも、その楽しさの中にある。

013

(すみきった夕空)

 

« 詩を読む会(24) | トップページ | 語りきれないこと »

詩を読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/47616171

この記事へのトラックバック一覧です: 一緒に居ること:

« 詩を読む会(24) | トップページ | 語りきれないこと »