« ろう者の世界 | トップページ | 自由とは何か »

共感とは何か

 介護技術の修得課程において、「傾聴」、「共感」という言葉に何度も出合う。その「共感」について考える。

 自分と似たような考えに接したときに、共感を抱く。それは私に宿る意思の在りかをよりよく知るための出合いであると感じる。

 それはとてもよく似たものである。あるいはまったく同じものであったとしても、私から出たものではないから、私の意思とは異質な何かである。同じ考えでも、文脈が違う。語られている場所が違う。

 だから傾聴に値する。できるかぎりそこにある何かに触れようとする。その何かは、よく見ると人間のかたちをしていない。さまざまなかたちの生命に宿る何かである。ひょっとするとそれは生命の枠を超えているかもしれない。だからこそ、それの何であるかを知ろうとする。

 一見自分の考えと相容れない考えに接した場合でも、「何か」の感触は、同じ考えのときとそう変わらないとも感じられる。

 その「何か」を知りたいからこそ、言葉を紡ぎ、あるいはなぞる(そのための介護ではある)。つまり、共感とは異質との出合いである。他者との出合いの場所、とも言える。

 「何か」と否応なく出合い続けることを、人生という。

 あるいは、自分の考えにすら、自分に理解しえない異質が潜んでいる。他者との出合いにより、その異質をふと感じる。

 「共感的関わり」とは、その「何か」を感じつづけることである。それが何かと突きとめたところで、さらに「何か」は生まれる。

 手放すことなく、「いっしょに考える」。ただ寄り添うことによって、介助の動きを通して。

Wannko

(いっしょに待つわん)

 

 

 

« ろう者の世界 | トップページ | 自由とは何か »

思考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/42900961

この記事へのトラックバック一覧です: 共感とは何か:

« ろう者の世界 | トップページ | 自由とは何か »