« 夏の朝 | トップページ | 傍らに »

はやくはやくっていわないで

 NHK「みんなの手話」(日曜午後7時)を毎週見ている。

 その中に、今井絵理子さんが絵本を手話で表現するコーナーがある。

 今月は、益田ミリ作・平沢一平絵の『はやくはやくっていわないで』(ミシマ社)。

 ひとつひとつのことばが、私たちの心の奥底に、ゆっくりと降りてくる。自分を見つめる時間のやさしさが伝わってくる。

 そこに絵がよりそう。色とりどりの、心を映したような世界。

 心の奥底にある声は、成長や進歩を求めてはいなくて、もっと深いところにある、変わろうとしない芯を求めているのでは、とも思う。いや、求めてさえいなくて、それはただそこに在りつづけている。

 ある芯のまわりの移ろう世界を、芯は感じつつも同調はしない。熟成の時をいつまでも待ちつづける何かが、私たちの心にはあるのかもしれない。

 それは、この世に慣れ親しむのとはまったく違った、見知らぬ何かを希求する心性なのかもしれない。

      *      *      *

 はやくはやくっていわないで

 ひとつ ひとつ じゅんばん ちがう

 ぐずぐずしてる

 きゅうけいしてる

 じーっとしてる

 どうして いそぐ

 いそいで どこいく

 ひとつ ひとつ おおきさ ちがう

 ひとつ ひとつ おもさがちがう

 くらべられると どきどきする

 どきどきづると どうなるの

 どきどきすると ひんやりする

 どきどきすると ちいさくなる

 まっくらで かなしい きもち

 かなしい きもちは どこにいる

 ちかくで でばんを まっている

 ひとつ ひとつ ちがう

 できること ちがう

 できることや できないこと

 できないことや できること

 どうして できないの? ってきかないで

 わからないこと いっぱいある

 いえないきもち いっぱいある

 ひっぱらないで

 おさないで

 ひとつ ひとつ ながさがちがう

 ひとつ ひとつ じかんがちがう

 だからさ あのさ

 はやくはやくっていわないで

 ゆっくり いくよ

 ゆっくり おいで

 わらったり しない?

 わらったり しないよ

 まってて くれる?

 まってるよ

 みんな いっしょ

005

(別府市亀川にて)

 

« 夏の朝 | トップページ | 傍らに »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/41885437

この記事へのトラックバック一覧です: はやくはやくっていわないで:

« 夏の朝 | トップページ | 傍らに »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ