« シモーヌ・ヴェイユの哲学(2) | トップページ | これからも私らしく生きたいの »

重力と恩寵

 シモーヌ・ヴェーユ(渡辺義愛訳).重力と恩寵.春秋社(2009)

 

 重力とは、物質、精神に作用する自然の力である(naturel)。それに対し、恩寵は超自然の力である(surnaturel)。

 思うに、恩寵を受けることが、生きることである。

 〈恩寵、それは下降の法則である。

   低くなること、それは精神の重力に対して上昇することである。精神の重力はわれわれを高いほうへ落とす〉 (重力と恩寵)

 それは真空を受け入れること。真空とは、自分が無であることの自覚である。私は私ではないと、つねに感じられていること。

 真空を恩寵が満たす。私はすべてである。

 しかし、人は容易に真空に耐え得ない。

 〈真理を愛するとは、真空に耐えること、したがって死を受け容れることを意味する。真理は死の側にある〉 (真空を受け容れること)

 想像力が真空を埋めようとする。それは自然の力。

 ただし、真空は求められるものではない。知性と、注意により、それは生まれる。

 知性とは、感じ考えること。注意とは、そのために開かれてあること。私に感じとられている事象を予断なく見つめること。

 脱創造 décréation 、超自然の力。想像へ、創造へと向かう人の性質は、内に逆の力を秘めている。その内なる力に促されること。

 ヴェイユは、神は私たちを創造することで、無へと退いた、と述べている。それが脱創造。その神の行為(愛)に倣うこと。

 私は信仰をもっていないので神を感じることはないが、ヴェイユを読む際にそのことは妨げにならない。「神」と、言ってもいいし言わなくてもいい。

 〈善は不可能である〉 (不可能なこと)

 不可能である。可能なものは善ではない。

 〈善をなすこと。どんなことを行っていても、私はそれが善ではないことをこの上もなくはっきりと知っている。善くないものが善をなすことはありえないからである〉 (不可能なこと)

 

 シモーヌ・ヴェイユ自身の生き方が記されている。それは、不可能な善を志向する人に共通する生き方である。

 (つづく…)

003

(15日に、仙台に飛び立ちました)

 

 

« シモーヌ・ヴェイユの哲学(2) | トップページ | これからも私らしく生きたいの »

読書」カテゴリの記事

コメント

混沌としていた私の「脱創造」観に、外部からすーっといい光が入ってきました。ご自身の内部でヴェイユのことばをしっかり響かせていらっしゃるのに、感銘を受けました。

「私といいうる力さえ滅ぼすこと」、「ひとは自分の捨て去るものしか所有しない」ということばも、私の心に残っています。

重力と恩寵。その「天秤」のイメージを、多くの人が抱くことができれば、世界は大きく変わると思います。

追伸 アマゾンで『ハッキョへの坂』の素晴らしい書評を書いて下さり、本当にありがとうございました。励まされました。

「私といいうる力さえ滅ぼすこと」、「ひとは自分の捨て去るものしか所有しない」、どちらもいい言葉ですね。

ヴェイユを読むのはとても心地よいです。美しい音楽に身を委ねている感じがします。もう少し、深く、感受したいと思います。

そうですね。そのイメージをもつ言葉が、多くの人の心に届けられたら、世界は変わりますね。

Amazon のレヴュー、より多くの人に読まれることを願って、書きました^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/40884117

この記事へのトラックバック一覧です: 重力と恩寵:

« シモーヌ・ヴェイユの哲学(2) | トップページ | これからも私らしく生きたいの »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ