« 日めくりカレンダー | トップページ | 虜囚の記憶 »

浦霞禅

 普段酒は飲まないのだけれど、これは美味しいと感じた。

 宮城県は松島の酒店で購入した。海岸を歩き、瑞巌寺を見た後、仙石線の松島海岸駅に戻る途中、営業を再開したばかりと思しき、がらんとした店内に、2、3種類の酒が売られていた。その一つがこの〈浦霞禅〉。

 〈銘酒浦霞禅は、日本古来の酒造りの手法を其儘受継ぎ丹精込めた手づくりで醸造致しました。特にその芳醇な香りと素晴らしい味わいは真の日本酒の代表です。酒名の「浦霞」及び「禅」の書は、松島瑞巌寺百二十八世の住職加藤隆芳老師(五雲軒と号す)にお願いし画は禅画の淡川康一先生の作です〉 (箱の説明書きより)

 優しく静かな味わい。キレがある。画も良い。

 たまには酩酊も良い。

002

(三日月と笑顔)

« 日めくりカレンダー | トップページ | 虜囚の記憶 »

日常」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/40342650

この記事へのトラックバック一覧です: 浦霞禅:

« 日めくりカレンダー | トップページ | 虜囚の記憶 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ