« 名付けることなく | トップページ | 知りえぬ意思 »

探究

 自己とはどこまでも探究されるもの

 それは果て無きもの

 予断されえぬもの

 他者もまた

 かたち無きもの

 この宇宙のように

 

 だから私たちは せめて

 それらを身に感じようと この時を生きる

 鳥が鳴くのも

 木の葉がそよぐのも その姿

 月がかがやくのも

 芸術が抽象に表すのも

 

 だから私たちは

 それらを大切にしようと 心をひろげる

 感じられるすべてのものを 記憶しようと

398

(風にふるえて)

« 名付けることなく | トップページ | 知りえぬ意思 »

詩を書く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/40118339

この記事へのトラックバック一覧です: 探究:

« 名付けることなく | トップページ | 知りえぬ意思 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ