« Il y a longtemps que je t'aime ずっとあなたを愛してる | トップページ | 遍在 »

美しい雫

 否応なくわが子の命を絶つ

 苦しみを抱えつづける贖いの日々

 しかしいつの間にか 泉から清らかな水が湧き出で

 時は穏やかに流れはじめる

 責苦には幾つかの小さな愛が忍び込み

 耕された畑には生きものが訪れる

 外では柳が揺れ 雨粒がガラスを伝う

 それらは分かち合うものたち

 互いの内と外に近接し

 美しい雫となる

012

(朝の光を浴びて)

   

 

 

 

  

« Il y a longtemps que je t'aime ずっとあなたを愛してる | トップページ | 遍在 »

詩を書く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/39916313

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい雫:

« Il y a longtemps que je t'aime ずっとあなたを愛してる | トップページ | 遍在 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ