« 祝祭 | トップページ | 人そのもの »

夢のよう

 夢のようだ

 君とここで出会えるとは

 ずっと長い間捜していたのだけれど

 

 夢のようだ

 目の前には雲上の祭壇

 これから何がはじまるのか

 

 夢のようだ

 どこかで見た光景

 印象派の絵画のような

 明るい木があった

 

 夢のようだ

 めくるめく展開に身を委ね

 それでもなお先へと降りて行く

 

 夢のようだ

 浮かび上がる物たちの奇異なこと

 否定の否定のまた否定

 

 夢のようだ

 だからこそ悲しみはいやされる

 打ち消される作用ゆえに

 

 現実のようだ

 この夢は

 意想外なことばかり

 何も成し遂げることができない

 なのに至るところよろこびに見える

 

 たとえば君に出会うこと

122

(タバコ屋さんの小さな花)

 

 

 

  

 

« 祝祭 | トップページ | 人そのもの »

詩を書く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/39990897

この記事へのトラックバック一覧です: 夢のよう:

« 祝祭 | トップページ | 人そのもの »