« 日々 | トップページ | 壽恵ちゃん »

袖ふれあって

 「こんにちは」

 「こんにちは」

 山里を走ると明るい笑顔が返ってくる

 「掌を広げて」

 「ハイ!」

 山盛りのお菓子をくれた人も

 車のおじさんに道を訊いたら

 「乗せて行ってあげるよ」

 思い返し 引き返して乗せてくれた家族も

 そんなことや あんなこと

 袖ふれあうも他生の縁と言うけれど

 ふと出合った人たちに

 どれだけ親切にされたことだろう

 そんなこともあって

 今を生きている

008

(木香薔薇) 

« 日々 | トップページ | 壽恵ちゃん »

詩を書く」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/39887979

この記事へのトラックバック一覧です: 袖ふれあって:

« 日々 | トップページ | 壽恵ちゃん »