« エンパワメントと人権 | トップページ | 心に宿る「何か」 »

人権

 人権について調べている。

 率直に言って、私はこの分野に疎いのだが、所属しているNPO法人が「障がい者差別禁止条例」作りに関わって来ているので、私も自ずと勉強することになる。

 human right 人はみな生まれながらにしてこの権利をもっているのだという。ひとりひとりがかけがえのない存在として大切にされ、守られる社会を作っていくのだという。

 存在を大切にする。

 そのとき、本当は私たちは何を大切にしようとしているのか? と、私ならば問う。

 人の心に住まう、何かある意思を大切にしようとしている。

 何かある意思とは?

 別の言葉で言えば、生命そのもの、宇宙の意思、聖なるもの。

 うまく言えないのだが――うまく言えないからこそ、古来から人は歌や詩に表してきたのだろう。

 私たちの存在は、付与されたものである。付与されたという事実――何かのためではなく、何かある意思の表れとして、生まれ(存在し)た。

 しかし目的などなくても、私たちは「何か」をつねに感じているはずである。何かある意思を大切にするとは、それと対話をすることでもある。

 

 そこで、初めの問いに戻るのだが、人権とは何か?

 人権を大切にするとは、何を大切にすることか?

 先の答えと同じく、人の心に住まう何かある意思を大切にすること。

 「人に宿る思い」である。

 なぜそれを大切にするか?

 それを大切にすることが、生きることだから。

025

(公園の一隅)

« エンパワメントと人権 | トップページ | 心に宿る「何か」 »

介助」カテゴリの記事

コメント

「人に宿る思いを大切にすること」が生きること・・。

すごく胸に落ちましたhappy01


いつもvase jauneさんの文章に心が癒されますshine

ありがとうheart02

人の存在はなぜ大切にされなければいけないか。
人権の講習等では、そういう根本のところが語られる必要があると、私は思います。
「いのちは尊い」とはよく聞きますが、「なぜ尊いか」が語られることはあまりないですよね。
このブログでは、その「なぜ」に答えていきたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/38264112

この記事へのトラックバック一覧です: 人権:

« エンパワメントと人権 | トップページ | 心に宿る「何か」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ