« 道 La Strada | トップページ | ほほえみ »

アサーション・トレーニング

 平木典子(2009).アサーション・トレーニング.日本・精神技術研究所

 著者の平木典子さんによると、平木さんご自身がはじめてアサーション・トレーニングに出会ったのが1975年夏、カリフォルニアで行われたワークショップでのこと。

 そして1982年から、日本・精神技術研究所主催で、アサーション・トレーニングをはじめられた。

 参加者も年々多様になり、学生、教師、企業で働く人、看護師・福祉職・カウンセラーなどの援助職の方々がこのトレーニングを受けておられる。

 一読して、私はとても良い本だと感じた。あたりまえのことが書かれているのだけど、腑に落ちることが多い。アサーションとは、コミュニケーションのスキルというより、存在の仕方、という風に感じる。

 特に、「人権としてのアサーション」が共感できる。

 Ⅰ 私たちは、誰からも尊重され、大切にしてもらう権利がある。

 Ⅱ 私たちは誰もが、他人の期待に応えるかどうかなど、自分の行動を決め、それを表現し、その結果について責任をもつ権利がある。

 Ⅲ 私たちは誰でも過ちをし、それに責任をもつ権利がある。

 Ⅳ 私たちには、支払いに見合ったものを得る権利がある。

 Ⅴ 私たちには、自己主張をしない権利もある。

 自分を表現するのに、壁をつくる必要はない。受け入れられるかどうかはともかく、自己表現はしよう。そうすれば、他者の考えを受け入れることも容易になる。私たちは、私たちの権利に気づいていい。

 

 また、人のコミュニケーションは以下の3つのパターンに分けられるという。

 非主張的(Non Assertive)・・自分より相手の考えを優先し、自分を率直に表現できない。「言いたいのに言えない」「黙ってしまう」「断りたいのに断れない」「伝えても通じるように言ってない」自己否定的になる。

 攻撃的(Aggressive)・・相手より自分の考えを優先し、相手を軽視するか、否定的に捉える。その裏には、相手が自分と違うことへの不安やおそれ、相手ときちんと話し合えない不器用さなどを抱えていることが多い。

 主張的(Assertive)・・自分も相手も大切にしようとする自己表現で、自分の意見、考え、気持ちを正直に、率直に、その場にふさわしい方法で言ってみようとすること。

 アサーティブは良いですよ、でもアサーティブでなくても良いですよ、ということ。

 大切なのは、あなたがあなたらしく生きられること。その「あなた」(私)を大切にするということ。そうすると自然と相手(他者)も大切にすることになる。

 そのために、先ず自分を見つめ直してみましょう。あなたの物の見方、考え方(生き方)を見ましょう。「私は」ではじまる文を20個書いてみましょう。そして、あなたは3つのパターンの内どれに近いですか。

 あなた以外の人の物の見方に触れましょう。それは必ずしも理解できなくても良いです。それがその人であり、そのように見ているのはあなたです。

 とてもわかりやすいし、すっきりしている。

 私の見る世界は私を反映している。その私の世界を大切に育むことが生きることであるということが、本書を読んで深く感じられた。

 「私の世界」を大切にするとは、本当は何を大切にすることなのかということも。

 

 同じ著者の以下の本も楽しく読めた。

 平木典子(2000).自己カウンセリングとアサーションのすすめ.金子書房

 平木典子(2007).図解 自分の気持ちをきちんと〈伝える〉技術.PHP研究所

 平木典子(2008).いいことがいっぱい起きる! 「ほめ言葉」ブック.大和出版

 平木典子(2008).人間関係が驚くほどうまくいく 言いたいことがきちんと伝わるレッスン.大和出版

011

(豊後大野市 千歳町総合運動場の紅葉) 

 

« 道 La Strada | トップページ | ほほえみ »

介助」カテゴリの記事

コメント

“自己主張をしない権利”
って言うのが新鮮でした。

欧米人はとかく主張している
風なのでやっぱり疲れるんでしょうね。


日本人はまだそこまで行ってないのかも?
とも思いました。

日本人は非主張タイプが多く、欧米人は攻撃タイプが多いかもしれません。
自分の考えが正しいと信じ、自分の思い通りに事を運ぼうとすると、疲れると思います。疲れるのは方法が間違っているからですね。
自分の思い通りにならない生き方(考え方)は、まわりとの関係性の中で生きている分、実は豊かで、豊かなので疲れないです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/38026375

この記事へのトラックバック一覧です: アサーション・トレーニング:

« 道 La Strada | トップページ | ほほえみ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ