« 秘められた恋 Becoming Jane (Jane Austen) | トップページ | 昭和の町 »

プライドと偏見 Pride & Prejudice (Jane Austen)

 Jane Austen の小説の映画化である。

 田舎の5人姉妹の家族に育ったリジー(エリザベス・ベネット)は、ダーシー氏に心ひかれる。はじめは印象が良くなかったが、不思議と魅かれた。彼の心に、何かを感じとったのだと思う。

 姉のジェーンは、ダーシー氏の友人ビングリー氏と魅かれ合う。だが訳あっていったん離れてしまう。

 その2組の話を軸に展開するが、ことは簡単ではない。

 リジーはダーシー氏のことを最初は嫌い、次に誤解をする。彼女のプライドと偏見のせいだが、周りの人々の噂、嘘にも振りまわされる。

 色んなことが起きて、彼女はダーシー氏の良さに気づき、ダーシー氏もまた彼女の魅力の虜になっていく。

 私は、この物語の作者 Jane Austen の人の描き方に魅かれる。人は何を支えに生きるか、どのように愛し、生を紡ぐか、そのことへの確かな視点が感じられる。

 感受性と理性が調和した人物を描き、描かれた人物たちを愛した。

 2,3の例外を除いて、登場人物たちはみな愛らしく、憎めない。生の力強さが自然と感じられる物語だった。 

014

(別府公園の秋)

« 秘められた恋 Becoming Jane (Jane Austen) | トップページ | 昭和の町 »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/37527447

この記事へのトラックバック一覧です: プライドと偏見 Pride & Prejudice (Jane Austen):

« 秘められた恋 Becoming Jane (Jane Austen) | トップページ | 昭和の町 »