« 恋人の嘆き | トップページ | デジカメ »

ハーメルンの笛吹き男

 1284年にハーメルンの町に不思議な男が現われた。この男は様々な色の混った布で出来た上衣を着ていたので「まだら男プンティング」と呼ばれていたという。男は自ら鼠捕り男だと称し、いくらかの金を払えばこの町の鼠どもを退治してみせると約束した。市民たちはこの男と取引を結び、一定額の報酬を支払うことを約束した。そこで鼠捕り男は笛をとり出し、吹きならした。すると間もなく、すべての家々から鼠どもが走り出て来て男の周りに群がった。もう1匹も残っていないと思ったところで男は〔町から〕出て行き、鼠の大群もあとについていった。こうして男はヴェーゼル河まで鼠どもを連れてゆき、そこで服をからげて水の中に入っていった。鼠どもも皆男のあとについて行き、溺れてしまった。

 市民たちは鼠の災難を免れると、報酬を約束したことを後悔し、いろいろな口実を並べたてて男に支払いを拒絶した。男は烈しく怒って町を去っていった。6月26日のヨハネとパウロの日の朝――他の伝承によると昼頃となっているが――、男は再びハーメルンの町に現われた。今度は恐ろしい顔をした狩人のいで立ちで、赤い奇妙な帽子をかぶっていた男は小路で笛を吹きならした。やがて今度は鼠ではなく4歳以上の少年少女が大勢走り寄ってきた。そのなかには成人した市長の娘もいた。子供たちの群は男のあとをついて行き、山に着くとその男もろとも消え失せた。

 こうした事態を目撃したのは、幼児を抱いて遠くからついていった一人の子守娘で、娘はやがて引き返して町に戻り、町中に知らせたのである。子供たちの親は皆家々の戸口からいっせいに走り出てきて、悲しみで胸がはりさけんばかりになりながらわが子を探し求めた。母親たちは悲しみの叫び声をあげて泣きくずれた。直ちに海陸あらゆる土地へ使者が派遣され、子供たちかあるいは何か探索の手がかりになるものをみなかったかが照会された。しかしすべては徒労であった。消え去ったのは全体で130人の子供たちであった。

 2,3人の人のいうところによると、盲目と唖の2人の子供があとになって戻ってきたという。盲目の子はその場所を示すことが出来なかったがどのようにして楽師〈笛吹き男〉についていったのかを説明することは出来た。唖の子は場所を示すことは出来たが、何も語れなかった。ある少年はシャツのままとび出したので、上衣を取りに戻ったために不運を免れた。この子が再びとって返したとき、他の子供たちは丘の穴のなかに消えてしまっていたからである。

 子供たちが市門まで通り抜けていった路は18世紀中葉においても(おそらく今日でも)舞楽禁制通りプンゲローゼと呼ばれた。ここでは舞踏も諸楽器の演奏も禁じられていたからである。花嫁行列が音楽の伴奏を受けながら教会から出てくる時も、この小路では楽師も演奏をやめて静粛に通りすぎなければならなかった。子供たちが消え失せたハーメルン近郊の山はポッペンベルクと呼ばれ、麓の左右に2つの石が十字形に立てられていた。2、3の者のいうところでは子供たちは穴を通り抜け、ジーベンビュルゲン(今日のハンガリー東部の山地)で再び地上に現われたという。

 ハーメルンの市民はこの出来事を市の記録簿に書き留めた。それによると、市民は子供たちの失踪の日を起点にして年月を数えていたという。ザイフリートによると、市の記録簿には6月26日ではなく22日と記されているという。市参事会堂には次のような文字が刻まれている。

   キリスト生誕後の1284年に

   ハーメルンの町から連れ去られた

   それは当市生まれの130人の子供たち

   笛吹き男に導かれ、コッペンで消え失せた

 また新門には次のようなラテン語の碑文が刻まれている。

   マグス(魔王)が130人の子供を町から/攫っていってから272年ののち、この門は建立された。

 1572年に市長はこの話を教会の窓に画かせ、それに必要な讃を付したが、その大部分は判読不可能となっている。そこにはひとつのメダルも彫られている。

                 阿部謹也著作集 第1巻(筑摩書房 1999)より

      *      *      *

 真相には様々な説があるらしいこの「ハーメルンの笛吹き男」を、最近ふと思い出した。それでこの本を図書館から借りてきたのだが、腑に落ちる記述ばかりだった。

 当時の社会状況、祭り、慣習、人種、女性や子供の地位の低さ、ようするに人々の考え方(生き方)を考慮に入れれば、この話の持つ意味は果てしなく深い。

 いまよりずっと粗野で、荒々しく、宗教的で、迷信に左右されがちであった人々の有様が写し出される。

 ……と、中世の話を紐解いていると、これもまた現代であるとの既視を覚える。

 伝説には非合理性があり、でもその非合理性と共に人は生きてきたという事実がある。願いと迷妄を綯交ぜにして日々を生きる人々の姿がある。

 不意に子供たちがいなくなる、そのことの悲しみに、何かしらの希望が感じられる。それは何か?

 物語に仮託された真情が、人の心(言葉)の襞をより深くする。そのことが、人が生きていくうえで大切なことのような気がする。

 歴史と物語を見つめつづけること、それは多様で無限な自己を見つめつづけることである。

« 恋人の嘆き | トップページ | デジカメ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/36142766

この記事へのトラックバック一覧です: ハーメルンの笛吹き男:

« 恋人の嘆き | トップページ | デジカメ »