« 思いによりそう8  手をつなぐ | トップページ | 思いによりそう10  受け継ぐ »

思いによりそう9  歩いていく

 『生きる わたしたちの思い』に寄り添う。

      *      *      *

 

 泣きながらでも歩いていくこと

 

      *      *      *

 何も信じることができなくて、でも歩いていかなくてはいけなくて、だから歩いていく。

 先に何があるか分からないけれど、何があるか分からないから、歩いていく。

 (分かっていたら歩かなくていい)

 何のために生まれて、何をして生きるのか、答えられないなんて、そんなのはいやだ(アンパンマン)

 何のために生まれたか、考える。

 何をして生きるのか?

 私は、私の最善を尽くす。それ以外に、生まれた理由などあろうか?

 泣きながらも、よりよい道を探し、辿る。

 日々の選択を誤らないこと、

 毎日が生まれ変わりであること、

 輪廻転生を生きること、

 幾世紀を渉ること、

 いまを生きること、

 成果を求めるのではなく、 

 善を生きること。

 歩みに終わりはないと知っていること。

 だからいつまでも歩きつづけること。

 

 

 

« 思いによりそう8  手をつなぐ | トップページ | 思いによりそう10  受け継ぐ »

詩を読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/35773344

この記事へのトラックバック一覧です: 思いによりそう9  歩いていく:

« 思いによりそう8  手をつなぐ | トップページ | 思いによりそう10  受け継ぐ »