« 思いによりそう7  笑顔 | トップページ | 思いによりそう9  歩いていく »

思いによりそう8  手をつなぐ

 『生きる わたしたちの思い』に寄り添う。

      *      *      *

 

 あなたの手が恋しいということ

 

      *      *      *

 つながっていたいと思うのはなぜ? そう思わない人もいるかもしれない。

 リヒャルト・エルツェという画家。彼は心の深みにひそみ、孤独を愛したと言われる。奇人ではなく、ごく常識的な人であったとも。

 人は、孤独を愛すると同時に、つながりを求めているのかもしれない。

 私は、できることなら、深みでつながることができたらと思う。

 はじめて会う人とでも、何となく、深く感じ合える気がする、そういう自分でいたい。

 その感性の触手を、敏感にしておきたい。

 アルチュール・ランボーの詩を読んだ時、とても近しい感じがした。何かがつながっている感じ。ドストエフスキー、ヨーゼフ・ロート、カフカ、プルースト、…の小説を読んだ時も、同じものを感じた。

 世界の感じ方がいっしょだと感じた。心の深みでつながっている感じ。そう感じさせるから詩人、作家なのだろうけれど。

 逆に、自分とは異質な感じのする人が世間には多くいる感じがする。でも、よく話してみれば、案外自分と近いところにいるかもしれない。本当はどうか。

 少なくとも私は、未知に焦がれている。だから、同質の何かに寄り添い、異質に向き合う。その瞬間からの自身内の変化を求めて。

 その一切が、手をつなぐこと、だと感じる。

 私は世界と、未知と、手をつなぎたい。

 あなたの手が、恋しい。

 

 テュルッ テュルッ テュルッ テュルッ

   テュルッ テュルッ テュー ♪

http://www.youtube.com/watch?v=Cs_S7ZCEL_Q&feature=related

« 思いによりそう7  笑顔 | トップページ | 思いによりそう9  歩いていく »

詩を読む」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/35765961

この記事へのトラックバック一覧です: 思いによりそう8  手をつなぐ:

« 思いによりそう7  笑顔 | トップページ | 思いによりそう9  歩いていく »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ