« 思いによりそう12  だいじょうぶ おやすみ | トップページ | 思いによりそう14  光は差す »

思いによりそう13  お腹が空く

 『生きる わたしたちの思い』に寄り添う。

      *      *      *

 「もう私はだめだ」 と考え

 「未来は何も見えない」 などと考えながら

 

 きちんとお腹が空いて

 お酒も飲みたくなって

 

 今日の夕焼けをみて感動していること

      *      *      *

 ある状態を「当たり前」と捉えると、そうでない状態が、異常になる。

 だが、「当たり前」の範囲が変われば、異常が異常でなくなる。

 「もうだめだ」というのは、当たり前の範囲がまさに変わろうとしている時のちょっとした眩暈のようなもので、じつは全然「だめ」なんかじゃない、むしろその瞬間こそが、生それ自体なのだと言える。

 生それ自体の時において、時の移ろいは無い。未来などどこにも存在しない。違う言い方をすれば、乗りに乗っている状態、である。

 その時、「私」はどこにいるか?

 諦めかけているか、楽しんでいるか。

 どちらにしても、お腹は空く。

 世の「当たり前」基準を変えるのは難しいが、自分のそれを変えるのは易しい。

 たとえば、目の見えるのが当たり前、ではなく、見えない人がいて当たり前という意識があれば、見えない人への配慮をつねに考えるようになる。

 それだけで、生き方は確実に変わる。視野は拡がる。

 過去の思考習慣を守る必要はない。つねにまっさらの状態で、考え、生きていけばよい。その方が人生は面白い。

 

 

« 思いによりそう12  だいじょうぶ おやすみ | トップページ | 思いによりそう14  光は差す »

詩を読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/35811350

この記事へのトラックバック一覧です: 思いによりそう13  お腹が空く:

« 思いによりそう12  だいじょうぶ おやすみ | トップページ | 思いによりそう14  光は差す »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ