« 石上玄一郎 | トップページ | 麦の穂をゆらす風 The Wind that Shakes the Barley »

炎のランナー Chariots of Fire

 ヒュー・ハドソン監督、炎のランナー (Chariots of Fire)

 1924年。オリンピック・パリ大会を舞台にした、陸上競技者たちの心を描いた物語である。

 エリック・リデル。スコットランドの宣教師、ラグビー選手であり、足の速さは誰にも負けない。走っている時に神の喜びを感じると言う。神の喜びを感じるとは、自己の限界を超えるということ。人は彼の走りについて、“奇跡を起こす男だ” と言う。

 100mのレースは日曜日にある。「安息日には走らない」エリックは、優勝候補でありながら出場辞退を申し出る。そこで、400mを走る予定の選手が、自分はもう他の種目でメダルを取ったから、エリックに400mを走ってくれと言う。エリックは、専門外の400mで優勝する、奇跡的に、そして予想通りに。

 宣教師である彼は、競技者として走る必要などないとも思っていた。だが、走ることを使命と受けとめて走る。そこに強さがある。

 一方、ケンブリッジ大学のハロルド・エイブラムスは、自身がユダヤ人であることに責め苦を感じていた。イギリス大会でエリックに負けた彼は、どんなことをしても速くなりたいと思い、プロのコーチの指導を受ける。アマチュア精神に反すると非難する大学教授らの意見に動かされることはなかった。彼はただ勝ちたかった。そして、勝つ(オリンピックで優勝する)途上で、自分の精神にある感情の豊かさに気づく(彼は冷たい人間と自他に思われていた)。

 なぜ走るか?

 神の喜びのため。愛する者たちのため。自己を超えることの喜びのため。

 エリックの、天を仰いで飛ぶように走る姿が印象的だった。

 なぜ音楽を愛するか? 音楽家に聞けば、音楽が私を通して自身を解放したがっているのだと答えるだろう。

 なぜ走るか?

 人間だから(^^)/   by ウルトラトレイユ・デュ・モンブランのおじいちゃん

« 石上玄一郎 | トップページ | 麦の穂をゆらす風 The Wind that Shakes the Barley »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/33294830

この記事へのトラックバック一覧です: 炎のランナー Chariots of Fire:

« 石上玄一郎 | トップページ | 麦の穂をゆらす風 The Wind that Shakes the Barley »