« ショーシャンクの空に | トップページ | 石上玄一郎 »

4分間のピアニスト Vier Minuten

 4分間のピアニスト.ドイツ.2006

 フルトベングラーが師匠だというピアノ教師トラウデ・クリューガーは、音楽と美にしか関心がなかった。

 音楽と美に内在するのは"情熱"。

 戦時下での不遇と後悔、それらの過去を圧倒するほどの"情熱"の具体化を、彼女は欲していたに違いない。

 天才少女ジェニーもまた。

 それが互いを引き合わせた。

 その実現に向かう途中、針は両極に振れ、おさまり所を知らない。冤罪、凡庸な嫉妬、既存の範疇に生を玩ぶ者、保身者たち、…周りも実現に手をかさない。

 ラストシーンにて、観衆の喝采を浴びるジェニーは、クリューガーにお辞儀をする。あなたを理解したという徴として。

 音楽は、情熱以外の思念を持たないと、言い切っている。でなければ、魂を揺さぶることなどできないと。

 

 

« ショーシャンクの空に | トップページ | 石上玄一郎 »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/33021847

この記事へのトラックバック一覧です: 4分間のピアニスト Vier Minuten:

« ショーシャンクの空に | トップページ | 石上玄一郎 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ