« ひとさらい | トップページ | 介助の日々 »

白いカラス The Human Stain

 白いカラス The Human Stain (人間の傷)

 1998年、大学の古典教授コールマン・シルクは、欠席の(見たことのない)黒人学生を spook (幽霊の意、彼はこの意味で使用した。俗語として "ニガー"の含意)と呼び、人種差別により職を奪われる。彼の妻はその精神的な傷により死ぬ。

 彼自身は白い肌を持つ黒人だった。が、そのことを隠して生きてきた。その大学を立て直したのは彼であり、またユダヤ人初の古典教授との栄誉を受けていた。

 初恋のとき、北欧系の美しい恋人を実家に招いたが、黒人の母親を見た彼女は離れてしまう。自らの肌の色(出自)を、以後彼は隠す。

 職を失い、フォーニアという34歳の女性と出会う。彼女も、心に傷を持っていた。自らの過失(火事)で子どもを失い、自殺を図ったこともあった。離婚しても、ベトナム帰兵(PTSD)の元夫から付き纏われる。

 湖畔に隠棲する作家とも友情を育む。作家に、自分の生(真実)を描いてほしいとも言う(そうして出来上がったのがこの The Human Stain という話)。

 コールマンとフォーニアは、湖畔をドライブ中に、彼女の元夫の運転する対向車を避けようとして転落、死亡する。

 2人の愛は、コールマンにとってもフォーニアにとっても、尊いものであった。2人でいると、失われた何かを取り戻せる気がしたのかもしれない。かけがえのない感情に出合えたのかもしれない。あなたは私であり、私はあなたであり、そう思い合うことからはじまる永遠を、旅していたのかもしれない。

 映画の題「人間の傷」とは、2人の心の傷のことであるが、周りの人々の傷、人類の傷でもあろう。「人間の」という意味も、「人間的な」という意味も込められていよう。

 愛することの尊さを、深く考えさせられた。

 元夫に、2人を殺害する意図はなかっただろう。虚ろな目をした彼もまた深く病んでいた。

 

« ひとさらい | トップページ | 介助の日々 »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/32285050

この記事へのトラックバック一覧です: 白いカラス The Human Stain:

« ひとさらい | トップページ | 介助の日々 »