« ひろがる思い | トップページ | 白いカラス The Human Stain »

ひとさらい

 笹井宏之歌集(2008).ひとさらい.BookPark.

 NHKの番組で初めて笹井さんの歌に接したとき、この世のそこここに遍在している意識のようなものを感じた。その意識たちが歌をよんでいると。

 彼は、多くの純粋な意識を持つことで、永遠に触れようとしていた、触れていた。

 〈冬ばってん「浜辺の唄」ば吹くけんねばあちゃんいつもうたひよったろ〉

 意識は寄り添い、同じ時間をしばし過ごし、空に満ちる。

 〈天井と私のあいだを一本の各駅停車が往復する夜〉

 生きにくい世に言葉は必定。それを精錬することで、何かに出逢いたかった。

 言葉という場所。

 未知(他者)に出逢いたい意識たちの担い手になること。

 意識の閃き、その残像としての煌き。

 〈からだにはいのちがひとつ入ってて水と食事を求めたりする〉

 ある時ふと気づいて、足を止めてよーく見る、物たちの来し方と行く末を。

 それらがそれらでなかった時のことを、私は思い出したい。

 〈えーえんとくちからえーえんとくちから永遠解く力を下さい〉

 何よりもそれが欲しい。心の栄養のようなそれが。

 

« ひろがる思い | トップページ | 白いカラス The Human Stain »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/31799924

この記事へのトラックバック一覧です: ひとさらい:

« ひろがる思い | トップページ | 白いカラス The Human Stain »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ