« オバケと私~版画家・清宮質文 | トップページ | 納棺夫日記 »

ぼんち

 山崎豊子(1959).ぼんち.新潮文庫

 昭和の初め頃の、船場の足袋問屋河内屋5代目、喜久ぼんの物語。

 〈河内屋は、四代を経ていたが、初代からあと三代はずっと跡継ぎ娘に養子婿を取る女系家族であった〉

 河内屋の家内は、祖母きの(お家はん)、母勢以(御寮人はん)に仕切られる。苦労知らずに育った彼女らは、伝統文化を育むと同時に自身らをも庇護する船場のしきたりに拠って生きた。きのは喜久ぼんの妾についても指図する(本宅への挨拶など)。

 喜久ぼん(喜久治、河内屋喜兵衛)は、きのらへの反発と父(4代目喜兵衛)の言葉「ぼんぼんになったらあかん、ぼんちになりや」の間を彷徨いつつ、甲斐性のある生を辿る。やがて、戦禍に遭い、きのを亡くし、4人の妾の生きる意思を見定めてから、自らの生へと向かう。物語はそこで終わる。

 〈女道楽をしても、何かものを考える人間にならねばならぬというのが、喜久治の放蕩の倫理であったが、放蕩を重ねながらも、どこかで人生の帳尻を、ぴしりとあわさねばならぬ時機がある。思う存分、さまよい歩いて来た喜久治は、突如として、沈淪の底からうかび上がるように、そこを抜け出た〉

 人生の帳尻を合わせるのが、ぼんちであるらしい。

 そういう倫理もある。だが、ほんとうにそれでいいのか?

 生とは帳尻ではない、そういうことにも、気付いただろう。しきたりを深く内に宿しつつ、目覚める、それは、内からの、心の高揚だったろう。

 様々な過去を纏ってこその、発揚だったろう。

« オバケと私~版画家・清宮質文 | トップページ | 納棺夫日記 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/30443775

この記事へのトラックバック一覧です: ぼんち:

« オバケと私~版画家・清宮質文 | トップページ | 納棺夫日記 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ