« パッチ・アダムス | トップページ | 赤と黒 le Rouge et le Noir »

解夏(げげ)

 昔、僧たちは雨季の始まるころ(5月下旬)から、修行場に籠り、雨季が終わるまでの約3ヶ月間、安居(あんご)の修行に明け暮れたという。修行の始まりを結夏(けつげ)、終わりを解夏(げげ)と言う。その修行の場が、寺になったのだという。

 ベーチェット病(失明に至る難病)と診断された主人公は、その修行のことを寺の人から聞かされ、今が5月の終わりだということ、おそらく3ヶ月後には失明するだろうこと、その3ヶ月間は精神的、身体的痛みに耐え続けることになるだろうこと、それと安居の修行の時期との不意の一致に、失明に至るまでの苦しみを、修行に重ねようとする。

 絶え間なく訪れる不安感、目の痛み、それでもこの世の風景を記憶に留めようと努力する。

 石段を上ることさえ出来ないとき、恋人の献身に対する感謝が、時には、いたたまれなさへと変わる。

 生きていることの意味が揺れ動く。

 見えなくなるとき、訪れるのは闇ではなく、白い霧のようなものだと聞かされる。

 寺に咲く、白い百日紅(さるすべり)に、愛着を覚える。

 長崎の美しい風景が印象的な、映画である。

« パッチ・アダムス | トップページ | 赤と黒 le Rouge et le Noir »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/24257378

この記事へのトラックバック一覧です: 解夏(げげ):

« パッチ・アダムス | トップページ | 赤と黒 le Rouge et le Noir »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ