« 河合隼雄 | トップページ | やさしい青空に »

夢から現実を見る

 数年前に見た夢の話である。

 海辺の洞窟を、とある文筆家(女性)に案内してもらって探検した。「ここはこうなっているんですよ」。丁寧な説明は、その方の人柄(著作)通りだった。

 そして、洞窟の外の波打ち際へ出ると、海の上には鮮烈な夕焼けがあった。「美しい」。と同時に、「ここは夢の世界なんだ」と、不意に確信した。

 「とすると、あの夕焼けの向こう側が現実なんだ。夢の世界から見る現実とはどのようなものだろう?」

 茜色の空の向こうを、無性に見たくなった。そこで目が覚めた。

 〈夢から現実を見る〉

 その言葉を、彼女から授かった気がした。

 さて、夢から現実を見る、と言うときの〈夢〉とは何か。

 そして、夢から現実を見るとはどういうことか。

 それは〈生きる〉上でもっとも大切な何かである、ということだけは分かっている。

« 河合隼雄 | トップページ | やさしい青空に »

思考」カテゴリの記事

コメント

非意味から見る意味ですね。
無理解から見る理解と言ってもいい。
私も行ったり来たりしています。

qebさん、ありがとうございます。
見えてしまうこと、ですね。
そこから始める、そのような場所です。
詩作のあり方、つまりは本来の生のあり方、に通じます。
その時、絶えざる視点の転換もまた、必要とされている気がします。

vase jauneさんは、素晴らしい生き方をされてる方ですね。
それがブログから滲み出ています。

私もまだまだ生きないともったいない。

qebさん、ありがとうございます。
私もまだまだ、です。
様々な想念を捉えきれていない、言葉に宿られていない、と感じる日々です。
〈夢から現実を見る〉生き方が深化するとよいのですが。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/7480358

この記事へのトラックバック一覧です: 夢から現実を見る:

« 河合隼雄 | トップページ | やさしい青空に »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ