« 呆けたい | トップページ | 死後 »

性格

 職場の人が、○型の人は○○よね、と言っていたので、「そういうの信じているんですか?」と聞いたら、「絶対に当たってますよ~」

 「信じていない」派は私だけだと判明した。

 「交流分析」(エゴグラム)、というのを看護短期大学部でやったことがある。結果(A優位)を見て、当たっているのかな~、よくわからなかった。

 「ユングの性格分析」をホームヘルパー1級の学校でやったこともある。ほとんどの設問に迷って答えた結果、「直観・思考タイプ」、そうなのか~。心理の先生曰く「福祉関係でこのタイプの人は珍しい」。

 なぜ性格分析というものがあるのだろう?

 人間関係を円滑にするため? あの人は○型だからね、ということにしておけば丸く収まるから。

 (対人関係を仕事にする以上)自分を(客観的に)知ることが必要です、とも言われた気がする。

 こまった、こまった。

 モンテーニュの言うように、「各人はすべての性格を合わせ持っている」というのが真実ではなかろうか。それを、血液型、交流分析、ユングの性格分析、といった特定の分析方法によって、あえて型に当て嵌める必要はあるのか?

 仮に私がA優位(論理性を重んじるタイプ)だとして、だから意識的に人の情感に敏感になるよう努めたとして、だからどうなのだ? 私は私の感性を大切にしている、それでよいのではないか。意識せずとも知っている自己の傾向を分析して、そこから自己の向上を図るというのは、手続きを煩雑にしているだけではないか。

 何か(知識)を経由して考える(生きる)のではなく、人はもっと直截に生きたらよいのではないか、と改めて思う、今日である。

« 呆けたい | トップページ | 死後 »

思考」カテゴリの記事

コメント

 私はB型です。
 まったく血液型による性格判断は信じていませんが、良く「え~~~B型なんですか~~~」と云われますよ(笑)
 

私はA型と思われることが多いです。違いますよ、と言うと。じゃあABかな。それも違うと言うと、どっちかな~と悩まれます(笑)

私も、血液型は信じない方です!私はAB型で、ほとんど当てられた事はないです!♪♪

coconutさんも信じない派なんですね。心強いです♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/6822881

この記事へのトラックバック一覧です: 性格:

« 呆けたい | トップページ | 死後 »