« 他人のお世話になること | トップページ | 家族の面会 »

Life is ……

 介護専門職の総合情報誌「おはよう21」を定期購読している。

 その雑誌の2~3頁の見開きに、いつも葉祥明さんの絵と詩が載っている。題名は 《Life is ……》 今回は今年5月号のそれを紹介。

 

 〈どんな人にも

 他の人には言えないことがある

 どんな人にも

 自分では気づかぬ面がある

 だから 人は

 互いに認め合い 許し合い

 思いやる必要があるのです〉

 

 他人の心の奥底に触れる必要はないだろう、と思う。

 そこには、その人しか知りえない想いが満ちていて、その人も知らない深淵が開けていて、だからこそ、人は未知との対話を繰り返す。他人がそこに入って来ようとしても、そこでの対話は、その人と宇宙とのキリ果てのない、微細な迷路に似た、あるいは無数の変幻なるざわめきのようなものゆえに、入り込む余地が初めから閉ざされている。他人は、見守り、寄り添うことしかできない。

 私は、私の心は万人に開かれている、と思ってはいるが、容易には理解され得ない。

 理解される必要もない、宇宙の営みが在る。

 絶句し、ただ虚空と向き合うのみ。

 〈せきをしてもひとり〉 とは誰の句だったか?

« 他人のお世話になること | トップページ | 家族の面会 »

介助」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391404/6679204

この記事へのトラックバック一覧です: Life is ……:

« 他人のお世話になること | トップページ | 家族の面会 »